フィンランド発のアップサイクル・カルチャー・イベント 「クリーニングデイ」がAPRONにて姫路初開催!!!

2015/5/23(土)  8/29(土)

フィンランド発のアップサイクル・カルチャー・イベント

リーニングデイ」 APRONにて開催!!!

logo

日時詳細

5/23(土)10:00~19:30(昼の部)    19:30~22:00(夜の部)映画上映予定  

8/29(土)時間未定

 

line

“クリーニングデイ”とは?

フィンランドで、2012年より年2回(5月4週目・8月最終週の土曜日) 開催されているリサイクル・カルチャー・イベント。

「リサイクルのハードルを下げる」「地域交流」を目的として、オフィシャルサイトに登録すれば、誰でもどこでもフリーマーケットを開くことができます。各フリーマーケット主催者が責任を持って開催し、2014年5月の第5回参加会場数は、フィンランド国内で4,500以上と拡大を続ける人気イベントです。

フィンランド・オフィシャルサイト(フィンランド語/英語)

line

日本開催にあたって

 

フィンランドの基本コンセプトを踏まえ、日本のクリーニングデイのコンセプトは「アップサイクル・マーケット」

「アップサイクル」とは、
モノを再利用するリユースやリサイクルだけでなく、モノに新しい価値や有用性を見出すこと。

「アップサイクル・マーケット」は、

  1. 古い不要なモノに新しい価値(ストーリー)をつける
  2. 古い不要なモノを生まれ変わらせる

ことを目指しています。

05

第1回(2014年5月24日)は、まだ一般には広く知られていない「アップサイクル」について学び、クリーニングデイというモノとヒトの新しいつながりを生み出すムーブメントを楽しむファンを作ることを目的として、エコロジカルな活動に関心の高い鎌倉で開催しました。第2回(2014年8月30日)は、全国でクリーニングデイ開催者を募り、クリーニングデイを “モノと対話する日” と位置づけ、フリーマーケットだけでなく、様々な形で自分とモノとの関係を、楽しみながら見直す1日として、全国に広げていきました。結果、札幌から沖縄まで、オープン・クローズド合わせて全国約20会場で開催されました。2015年5月23日の第3回の前に行なわれたスピンオフ開催も合わせて、約30会場で開催され、クリーニングデイの輪は少しずつですが、全国に広がっています。

line

 

「アップサイクル・マーケット」は、

●古い不要なモノに新しい価値(ストーリー)をつける

●古い不要なモノを生まれ変わらせる

 

ことを目指しています。姫路初の試みをAPRONで行います!

 

【参加資格】  モノと対話する日=クリーニングデイの楽しみ方

 

今は要らなくなったけど、誰かに使って欲しいモノを持ち寄ってください。

その時に忘れちゃいけないのが、「アップサイクル」な気持ち。要らないモノなら何でもいいのではなく、次に誰かに使って欲しいモノに、クリーニングデイのタグにメッセージをつけて、並べてみましょう。先ずは自分が楽しんで、クリーニングデイ当日を迎えましょう!

リペアのプロが当日対応いたしますので、もしかすると不要だったものが生まれ変わりまた使えるようになるかも知れませんね。

 

Facebookの最新情報を参考に、気になるクリーニングデイに遊びに行きましょう!

 

詳細はAPRONまで。 

079-284-0116 (担当:一井)

The following two tabs change content below.
一井真路 (SHINJI ICHII )

一井真路 (SHINJI ICHII )

APRON リペア事業部マネージャー&職人株式会社キレイニ
株式会社キレイ二・APRON リペア事業部マネージャー&職人。 1966年生まれ。東京都出身。 メンズファッション専門学校にてテーラーメイド全般の縫製技術を習得。メンズメーカーでの企画デザインを担当。メーカーでの縫製技術を活かし、スタイリスト会社の立ち上げに参加。タレントのスタイリング、CM ・コンサート衣装のデザイン・縫製を行いながら、次世代のスタイリストを育成する。洋服への思い入れが強い事から、リペア・リメイク業務に惹かれ、レザー・靴の修理の技術を取得。 モノを大切にする思いを人々に伝えたく、APRON 立ち上げに参加。お気に入りのモノ、思い入れのあるモノ、他店で断られたモノ、まずは一度相談してください。